こんな症状が見られたらクリニックに行こう

医者

男性は女性より圧倒的に薄毛になりやすく、それは男性型脱毛症であるagaの発症率が高いからです。ホルモンバランスは男女で差があり、agaには男性ホルモンの過剰分泌が関係していることから、男性のほうが高リスクです。頭皮が不潔になっていると脱毛症のリスクを高めますが、agaに関しては体質によるところが大きいので、正しい洗髪を実践していても薄くなるときはなります。年齢とともに髪が弱々しくなるのは必然ですが、薄毛の要因が年齢以外にあると判断される場合は、医療機関でagaの治療を受けましょう。東京は全国的に見ても最も多くのクリニックが設置されているので、さまざまなクリニックを比較検討して絞りやすいメリットがあります。

クリニックにおける薄毛治療の基本

治療を受ける女性

巷には薄毛を解消するさまざまなアイテムがありますが、agaに関しては市販のアイテムで改善させることは難しいです。agaの原因となる脱毛酵素を抑制するためには、医療機関での薬物療法が必要になるからです。脱毛酵素の作用は著しく強力であり、民間療法だけで抑制するのは困難だと考えてください。東京のagaクリニックでは、5α還元酵素阻害薬を処方しており、これにより脱毛を進行させる原因物質の働きを抑えます。毛根が弱っている場合は、血行促進に役立つ発毛剤の処方を受けることがあります。東京のクリニックにおけるaga治療の王道は、5α還元酵素阻害薬と発毛剤を併用する方法です。

すぐに髪が生えてくるわけではない

AGA治療

クリニックでaga治療を受けても、すぐに発毛することはないので、気長に治療を続けてください。髪を1日で生やすような奇跡の薬は存在せず、発毛のためには乱れたヘアサイクルを少しずつ整えていく必要があります。東京のagaクリニックでは、薄毛治療の効果を発揮するまでに6か月以上の期間を提示していることが多いです。治療効果を実感できない人の傾向を見てみると、治療の継続期間が短いことがあります。2~3か月続けて生えないからと諦めてしまう方がいますが、これは非常にもったいないことです。aga治療を受けるなら早いほどよく、それは髪が生えやすいからです。髪は年齢を重ねるほど弱々しくなる性質があり、aga治療による効果発現にも時間がかかります。そのため本格的に薄くなってから治療を受けるのではなく、薄くなり始めたタイミングでクリニックに行くのがベストです。そして少なくとも6か月は治療を続けてみて、6か月目で効果を実感できない場合はクリニックに相談しましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中